はじめての妊活ガイド

*

生理前のイライラの原因と対処法とは?

カテゴリー・タグ:体の冷え

hie

生理が近づくと、頭痛がしたり、腹痛が出たり、小さな事に対してもイライラしてしまう事があると思います。

腰や頭、お腹などが痛む事でイライラしてしまうという事ももちろんあると思いますが、その時は鎮痛薬を飲む事で鎮める事が出来ます。

しかし、精神的な事で起こるイライラはどうしたらいいのか、なかなか分からないものです。

毎月来る生理が来る度気分が憂鬱になってしまう方に、少しでもイライラを対処する方法をご紹介致します。

・生理前のイライラの原因って?

生理前は様々な事でストレスを溜めてしまいがちになります。

ちょっとした事で不安になってしまったりするのも、ホルモンバランスが関係しているのです。
ホルモンバランスがどんどん乱れてくると、より精神が安定しなくなり、イライラが募っていきます。

生理前に来るイライラや体の不調を「PMS」(月経前症候群)といいます。
生理が始まるとPMSの症状は消えるとされていますが、体の不調などは人それぞれでしょう。

女性のホルモンバランスには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2つがあります。

PMSはプロゲステロンの分泌が多くなると発生します。

・PMSを対処しよう

PMSの原因はホルモンバランスを崩す事と説明しましたが、更に症状を重くするのがストレスを溜める事や、体を冷やす事、睡眠不足などと言われています。

それ以外にもタバコやアルコール、カフェインや塩分、糖分、脂肪の摂りすぎは体を冷やしてしまうので自律神経を乱してしまうのです。

自律神経を乱してしまうと、PMSを悪化させる原因になり兼ねないという事になります。
つまり、自律神経を自身でしっかり整えられるかという事になるのです。

・PMSを対処する方法

女性ホルモンに似た成分が「イソフラボン」です。
イソフラボンは大豆食品に多く含まれており、ホルモンバランスを整える作用があります。
イソフラボンは大豆や納豆、豆腐、豆乳、きなこなどが挙げられます。

ちなみに、イソフラボン以外にもPMS軽減をお手伝いしてくれる成分が「カルシウム」や「マグネシウム」を多く含んだ食材です。

オススメの食材としては、味噌やチーズアーモンド、小魚、ブロッコリー、ほうれん草などが挙げられます。

バランスの良い食事を心掛ける事でホルモンバランスをしっかり整えましょう。

・ストレスを溜めるのはダメ

PMSの症状を悪化させる原因の1つとして、「ストレス」があります。
強いストレスを感じてしまうと、よりイライラや体調の不調が増えてしまいます。

ストレスを溜めないように、自分がリラックス出来るような状態を作りましょう。

例えば、アロマオイルの香りで癒されてみたり、マッサージをしてもらったり、自分のストレス発散出来る事なら何でもいいので、ストレス発散時間を設定しましょう。

またダイエットを行っている方は気を張ってダイエットに挑んでしまうと、それがストレスになってしまいますので、軽めのダイエットをお勧めします。

・身体を温める

PMSの症状には、生理痛などの症状がありますがお腹を温めたり、身体を温める事で痛みを緩和させる事が出来ます。

逆に身体が冷えてしまうと、自律神経が乱れてホルモンバランスを崩してしまうので、お風呂に浸かるなどして身体を温めましょう。
PMSは誰もが辛いと感じるでしょうし、憂鬱な気分になる事でしょう。

しかし、食生活や1日の過ごし方を少し変えるだけで嫌な気持ちも和らぐと思えば実践するのもいいと思いませんか?

 - 体の冷え

  関連記事

dannseihie
冷えは男性にも!冷え症を夫婦で克服しよう

・冷えは男性にも 冷えは女性だけに起こる事ではなく、 男性も冷え性で悩んでいるの …

hie01
体の冷えを改善!冷えない体作り

・体の冷えを改善! 体を冷やしてしまっては 妊娠する確率が減ってしまいます。 体 …

huyuba
なかなか改善されずに悩んでいる方! 自己流の体を温める方法を見つけよう!

・なかなか改善されずに悩んでいる方! 靴下を履いても、 運動を続けてもなかなか …

hie01
冷えから卵巣を守ろう!子宮と卵巣の血行改善

・冷えから卵巣を守ろう! 手足がずっと冷えていたり 夏なのに寒いと感じたりするの …