はじめての妊活ガイド

*

卵子に質がある?! 妊娠しやすい体づくり

カテゴリー・タグ:卵子の質

・卵子に質がある?!

ninnsinn01

卵子とは女性の体の中にある
いわゆる卵の事です。
女性の卵子と男性の精子が結びつく事で
妊娠=赤ちゃんを授かります。

実は卵子にも老化現象があり
妊娠するなら若いうちにと言うのは
それが理由の1つとされているからのようです。

しかし、年齢のせいとは確実には言えないので、
関係していると言えるようです。

・卵子の数は決まっている

卵子は産まれた時から
数が決まっているようです。

そしてどんなことをしても
卵子が増えていくことは無いです。
年々減り続けていきます。

テレビなどではアラフォー女性が妊娠・出産したなどの
おめでたいニュースをよく目にしますが
だからといって簡単な事ではないのです。

・卵子の減少

女の子として、この世に誕生した時
体内にある卵子の数は
約200万個といわれています。

かなり多い数ですが
初月経が来る、大体小学6年生ぐらいの頃には
約70万個にまで減っているそうです。

つまり年齢を増していくごとに
卵子の数は減っていき
また、排卵を行う上でストレスがかかってしまい
より数が減ってしまうのです。

・卵子の寿命

精子の寿命は2日から数日で
妊娠の確率が高く思われがちですが
卵子の寿命は同じではありません。

精子に比べて、卵子は寿命が短いです。
大体12~36時間と言われています。
なので精子が元気でも卵子の寿命が短ければ意味がありません。

つまり受精、着床まで辿り着くのは
ものすごく険しい道のりになるのです。

・卵子にいい食生活

卵子にいい食生活=妊婦になる為の体づくりです。
なので暴飲暴食は避けましょう。

若返りなどで注目されているビタミンEは
老化を防ぐとされている
抗酸化作用があるのでお勧めです。
赤ピーマンや卵黄などに多く含まれています。

また女性は生理などで鉄分を多く失うので
レバーやほうれん草などの
鉄分が多く含まれたものを摂取することも大切です。

・お茶も選んで飲みましょう。

最近、不妊で悩んでいる方達が
ルイボスティーを飲んでいる事が注目されています。

実はルイボスティーには
卵子の質を低下させる働きを弱める作用があるそうです。

体を冷やしてしまうと意味がないので
ホットで頂くことをお勧めします。

すぐに食事から飲料まで一気に変えると
体にストレスを与えてしまう可能性もあるので
自分のペースで変更してみましょう。

・卵子が蘇る最新治療とは

加齢ともに卵子は減っていきます。
30代後半から40代にかけて激減してしまうそうです。

しかし、そんな不妊で悩んでいる人たちにとって
心強い治療法があるんです。

それは最先端不妊治療法として注目されています。
生殖細胞ミトコンドリア治療です。

精子も卵子も老化すると
弱っていくのは同じです。

その弱まった生殖細胞の中の
ミトコンドリアに微小電子を補給して
細胞を活性化させる方法なのですが
それが現在では老化した卵子を甦らせ
妊娠率を上げる治療法として注目されています。

・限りある卵子を大切に

最新治療法もあり、かなり心強いですが
やはり普段の生活から見直していきたいものです。

食事は三食しっかりとること。
睡眠時間を確保すること。
体を温めてあげるなど
自分に出来ることを少しずつやってみましょう。

限りある卵子を大切に
妊活ライフを送って下さいね。

 - 卵子の質

  関連記事

sikyuu
卵胞のサイズとは?卵子と関わるお話

・卵胞のサイズとは? 卵胞とは卵子が入ってる袋の事を言います。 卵巣の中には卵胞 …

ninnsin02
いつ産みたい?卵子の時間を止める

・いつ産みたい? 彼のことは好きだけど、結婚までは考えてないという方、 結婚して …